Home > 次回公演<再度延期のお知らせ>

lpro_rogo.png 

ひの新選組まつり前夜祭公演 再度延期のお知らせ


 

昨年、L.PRODUCTSは新型コロナウィルス感染拡大により、長らく続けて参りました
ひの新選組まつり前夜祭公演の1年延期を決断致しました。
未だ感染者数は増減を繰り返していますが、この春には医療従事者の方々へのワクチン接種が始まり、
情勢はやや明るい方向へ向かっているように思えます。
この1年で少しずつ未知の敵を学び対策を講じて、私達はあの闇雲な恐怖からは抜け出す事が出来たのかもしれません。
現にエンターテインメント界やスポーツ界では舞台公演や競技が徐々に行われ始めています。

感染対策を徹底させれば。
或いは無観客なら。
けれども、L.PRODUCTSと さくらさくらカンパニーは協議の結果、再度の公演延期を選択することに致しました。
(さくらさくらカンパニーさんは県を跨いでの移動を自粛なさいました)
1年間お待ち頂いた皆さまには大変申し訳ありません。
やはり私共は皆様の前で演じたいのです。
切り札もない賭けのようなこの戦の勝算は、まだまだ低いと考えざるを得ません。

来年、また桜は咲くでしょう。
その頃にまた皆様にお目にかかれるかどうかお知らせしたいと存じます。
どうか皆様が健やかにお過ごしになれますように、変わらずお祈り申し上げております。

2021年4月
L.PRODUCTS代表 桑野和子

 

 


 

 

□ L.PRODUCTS第二〇回公演 □

新撰組余話

うつせみの棲み家


脚本・演出 桑野和子

結界に護られた鞍馬の森へ

謎の声に誘われ足を踏み入れた新撰組の沖田総司、島田魁、原田左之助。

京を騒がす義賊・烏焰魔(からすえんま)の巣窟は

悲しき業を背負った若者達の山城だった。

空虚な心に燻る忌まわしい記憶が蘇る時、

紅蓮の炎の中で化物が牙を剥く___。

  utsusemi_no_sumika_omote03.jpg utsusemi_no_sumika_ura03.jpg


 

期間 未定

劇場 日野市神明1-12-1 日野市民会館(ひの煉瓦ホール)   

出演 時田実幸、篁遥、風火、湖条圭子、福来せんり、月野原りん(ハグハグ共和国)、蒼野薫、海野香流、高倉早矢、竹ノ内泉、奥沢仙耶、HAL、直ーNAOー、UME

料金 前売・当日共通 2000円(全席自由席)

<チケット予約先> bushidoo_@infoseek.jp 

上記メールアドレスよりお申し込みをお願い致します。

チケット予約期間 3月1日(水)~5月1日(金)

※お名前(カナ)・ご連絡先・来場回・枚数をお知らせ下さい。担当者より折り返し受付完了のメールをお送り致します。

※3日経ちましても返信がない場合はお手数ですが今一度ご連絡下さい。

※チケットは劇場受付にお取り置きとなり、公演当日のお渡しとなります。

※受付開始は開演の1時間前、開場は開演の30分前です。

タイムテーブル

 L.PRODUCTS 13:00~/17:30~

 さくらさくらカンパニー 14:30~/19:00~

※同時上演<さくらさくらカンパニー SAKURA~新選組櫻真説~>


 

あらすじ

『来よ、我は此処にいる』

ある日、新撰組きっての剣士・沖田総司の頭の中に何者かの言葉が直接響いた。沖田は非番の原田と島田を誘って鞍馬へ向かう。その方向から“呼ばれて”いるような気がしてならなかったからだ。

一方、京の町では「烏と炎の印」を残してゆく義賊・烏焰魔による“殺さず”の押し込みが続いており、狙われたのが幕府の息がかかった豪商ばかりであった為、新撰組内ではもしや不逞浪士達の仕業かと噂されていた。

鞍馬の森でまんまと迷った三人は烏焰魔一味の一人、夜太(やた)と出会い結界の張られた烏焰魔の山城へと足を踏み入れる。そこで待っていたのは「烏丸右近(からすまうこん)」と名乗る声の主と、沖田と同じく右近に“呼ばれた”若者達だった。

右近は人の心の“痛み”を取り去ることができるという。若者達は皆一様に辛い境遇を右近の特別な力に救われたと言い、右近を父親のように慕っていたが、彼らの関係はどこか歪だった。そして事は起きる。仲間の死を切欠に眠っていた記憶が呼び覚まされる時、若き烏焰魔達の空っぽの心に再び火の手が上がる___。

不思議な縁に導かれ託された沖田の役目とは…?